仕事を効率的にこなすための3つのこだわるべきポイント

スピードを優先して早期に終わらせる

どんな仕事においても、早くに終わらせることが大切です。1つ1つ丁寧にかつミスのないようにしていると、どうしても時間がかかってしまいます。これでは効率的ではないので注意しましょう。そのため、まずはスピードを意識して終わらせるようにしましょう。仕事が終わるのが早ければ、修正する時間に余裕が生まれます。その時間を使ってミスの確認や内容の確認をしましょう。仕事の効率化の第一が”早さ”なので、あまり時間をかけないことを忘れてはいけません。

自分のできることに全力を注ぐ

仕事をしている内に、自分のできることとできないことが出てきます。自分がやるべきことであったとしても、できないことに対しては、どう太刀打ちしても意味がないでしょう。時間がかかるか無駄に終わるかになります。仕事の効率的を考えるのであれば、自分のできることだけに集中し、できないことは仲間にお願いすることがベストです。そうすることで、仕事の得意不得意を埋め合わせながら進められるため、結果として効率的になります。

健康管理を常に怠らないようにする

健康でなければ、どんな仕事も十分にこなすことができません。寝不足であれば、仕事に集中することができず、頭が働きません。あるいは病気になってしまえば、仕事に穴が空いてしまいます。それでは自分と仲間の仕事に支障が及びます。それだけはあってはならないので、健康管理は万全にさせておきましょう。また、適宜運動することも大切です。仕事ばかりにこだわっていると、ストレスが溜まってしまい、仕事に影響する恐れがあります。ストレスを解消するためにも、運動を定期的にしましょう。

ワークフローとは、企業における業務の流れを図式化したもので、各作業の手続きや役割分担を明らかにし、作業の進捗状況や問題点を把握することができます。