最近の代理店は便利!?多くの商品を扱う代理店

多くの保険商品を扱う代理店

代理店と聞いて有名なのが損害保険会社です。その昔は、それぞれの保険会社専門の代理店があったのです。保険の募集、契約、そして事故処理まで手広くおこなっていたのですが、外資系の損害保険会社をはじめとして多くの保険会社の進出で競争が激化し、代理店もひとつの保険会社を専門におこなっているだけでは利益が確保できなくなったのです。そのため最近はひとつの代理店が複数の保険会社の代理店として、いろいろな損害保険会社の商品を扱うようになっています。

扱う商品の量とその知識

逆にこれにより消費者としては、ひとつの店舗を訪問することで、複数の会社の商品をワンストップで比較検討ができるために便利な環境になっています。その分、代理店を経営する側としては、扱う商品数が増えるために、それだけの商品の知識が必要になってきます。そのため新商品が販売されるたびに、説明会に赴き新商品の知識を得ることが必要です。また似たような内容の商品を比較して各会社別に特徴を抑えておくとは、消費者に対し説明するときには必要になってきます。

脱サラして代理店になる人も

このような代理店は、代理店契約に基づき売上の一定額をロイヤルティとして支払うことになります。売れば売るだけ自分の手元に利益が残す仕組みになっています。そのため消費者に対して、扱っている商品数の多さをアピールすることで集客を可能にします。そのためには商品知識をたくさん頭の中に入れる必要があるという循環により業績を伸ばし、各保険会社にもメリットを与えながら成長していきます。最近では脱サラして代理店を行う人も増えてきています。

代理店の募集を見て、代理店契約を行う場合は手数料などの必要経費もしっかりとチェックを行いましょう。内容だけで食いつくのは危険です。