就職活動につきものの適性検査!その実体は?

就職活動と適性検査の関係

就職活動の際には適性検査を受けることが多いです。過去に受けたことのある人もいるかもしれませんね。適性検査は知能検査、学力検査、性格検査などを組み合わせて様々な角度からその人を診断します。企業によっては求人に人が殺到する場合があります。こんなときは1人1人面接を行うのは困難です。ある程度人数を絞るために適性検査が行われるのです。最近ではインターネットを使った適性検査も行われていますよ。試験を受けるために出かけなくて良いので便利です。

適性検査に対策は必要?

知識や一般常識を問う適性検査の場合は問題集を購入してある程度トレーニングしておくと良いかもしれません。本番のときに慌てなくてすみますよ。一方、性格をチェックするタイプの適性検査は事前に対策をするのは困難です。ただ、試験を受ける際の注意点があります。似たような問題が何度か出題されることがあります。このとき回答が異なると嘘を付いているとみなされる可能性があります。素直な気持ちで回答することをおすすめします。

適性検査で落ちてしまったら

企業は採用の際に適性検査を参考に人材を選んでいます。適性検査を何度受けても落ちる場合は、企業の求めている人材像を思い浮かべてみましょう。その人材像を元に回答を考えるのです。持続力や向上心がある人材であることをアピールできると有利ですよ。なお、適性検査は人の一面を判断しているに過ぎません。適性検査に合格出来ないからといってその仕事に向いていないと判断するのは早計です。落ちたからといってそこまで気に病む必要はありませんよ。

適性検査は、新卒採用の場面で企業が利用します。学生と企業との適性を判断する指標として活用されています。