太陽光発電システムの利点としての三つの要素

蓄電できるので夜も使える

太陽光発電システムを家庭に導入する人も増えています。これで電気を自分たちで使うことができるようになった、というわけです。しかし、電気を作れるのは当然ですが日の光が降り注いでいる時だけです。ですが、蓄電池も基本的には一緒に導入します。これに充電することによって、夜の電気エネルギーも賄うことができるようになります。ちなみに足りなくなった場合は、普通に電力会社から電気を買うことができます。これは自動的にやります。

蓄電された電気に関して

蓄電された電気はそのまま自分の家の電力に使われるようになります。そして、それが完全に充電された時にはどうなるのか、といいますとそれでも電気は作り続けます。そうすることによって、売れる電気が作れます。これを売電というのですが、非常に高いメリットがあります。最近では少しは安くなっていますが、太陽光発電システムは高いのです。ですから、少しでも投資額を回収できるように売電は積極的にやるべきでしょう。それがベストになります。

いざと言う時に助かるのが太陽光発電

太陽光発電システムは、災害時などに自前でエネルギーを作れるようになりますから、極めてメリットが大きいといえます。エネルギー不足のときのリスク回避ができるので、それだけでも導入する価値があるといえます。但し、結構な金額でもありますし、屋根に上に設置しますから、家に負担もありますから、軽々しく導入するべきではないです。しかし、よく計算をして、メリットのほうが大きいと判断できたのであれば、やってみるとよいでしょう。

フォーアールエナジーは、電気自動車用のリチウムイオンバッテリーをリサイクルして蓄電池を作って販売するメーカーです。